タオルハンカチはハンドタオルの別名のようなもので、ハンカチほどの大きさをした、手を拭くときなどに使用するためのタオルのことです。
ハンカチとして手を拭くだけでなく、体を洗ったりも出来るため、様々な場面で使用できます。

タオルハンカチは贈り物として利用されることも多く、そのせいかデザイン・見た目など凝ったつくりとなっているものも多く存在します。
こうしたものを贈り物にすると、タオルハンカチの有用性から、誰からも喜んでもらえるとして、ギフトの中ではもはや定番ともいえる製品の一つでしょう。

近年ではホームセンターなどでまとめて安く購入できますが、安くても縁縫いによってなかなか頑丈なのが魅力です。
洗濯をしたり、長く使用していても伸びてしまったり解れてしまうことがほとんどないため、長く使用していくことが出来るのが特徴です。

ちなみに、2006年では野球界のエースである斉藤佑樹選手の登場によって『ハンカチ王子』の愛称から一時期、青いタオルハンカチが大ブームとなりました。
これは、斉藤佑樹選手が青いタオルハンカチを所持しており、それで汗を拭いていたためであり、青色のものが全国で人気となったのでした。

その当時、今治のタオルメーカーでは一時期、青いタオルハンカチを作成してほしいという注文が殺到したため、注文待ちや品切れなどが現れたりするなど、非常にすさまじい状況になったんだそう。
ハンカチ王子の人気がどれほどのものだったのか、改めて実感してしまいますね。